中医学アカデミーは皆さまのお陰で設立7周年を迎えることができました。つきましては本科講座受講料を値下げいたしました。これによりクレジットカードでのお支払も可能になりました。詳細は講座一覧をご覧ください。

中医学アカデミーとは

実践的な中医学(漢方)の知識を基礎から勉強できるオンライン教育

「中医学アカデミー」は、西洋医学とは異なるアプローチをとる「中医学」を、体系的にカリキュラム化した、日本初のオンラインスクールです。本当に効く、治せる漢方を体系的に学べ、国際中医師試験の受験資格を15ヶ月以内で取得できます。

※他の中医薬大学日本校と同じく日本の法制度下での学校法人ではありません。

中医学アカデミーは、「世界中医薬学会連合会」の委託により、国際中医師試験の試験問題や参考書である「復習大綱」の日本語翻訳を担当しています。そのため、正確な中医学用語と国際中医師試験に必要となる知識に関し、もっとも信頼性の高いカリキュラムを履修できます。

ただし、その学習内容は「試験に合格するための勉強」ではなく、本当に効果を発揮する実践的な漢方(中医学)を基礎から習得し、実力ある国際中医師を養成するという「世界中医薬学会連合会」の理念に則ったものとなっています。

漢方を学ぶ学校

中医学アカデミーの特長 遼寧中医薬大学との連携遼寧中医薬大学との連携

中医学アカデミーが選ばれる6つの理由

5000問以上の練習問題と過去問題

【国際中医師試験と同じ練習問題】
中医学アカデミーは、世界中医学会連合より委託を受け、「国際中医師試験」の日本語版を作成しています。したがって、当アカデミーの講座内で使われる問題集は、そのまま本番の「国際中医師試験」と同等の用語・水準を保っており、どこよりも間違いのない内容を学ぶことができます。

【豊富な過去問題】
練習問題は5000問以上のデータベースからランダムに出題されます。この練習問題の中には、過去の国際中医師試験問題も数多く含まれています。多彩な臨床例を把握できるため漢方知識の幅が大きく広がります。

> 5分間の動画で見る学習方法

図:効果的な中医学の育成を目指す

高い水準の中医学カリキュラムを提供

専門用語をわかりやすい言葉で丁寧に解説

中医学を学ぶ上で最初の難関は特有の概念と専門用語です。
間違った、あるいは不完全な理解のまま学習を続けていくと迷路へ入りこみ、なぜ処方した薬が効いているのか/効かないのかが分からなくなってしまいます。

「中医学アカデミー」のオリジナルテキストは、全ての中医学教育の基礎となる『第五版』を基に、日本の文化的背景を考慮して新たに翻訳しています。中医学の勉強でもっとも理解に苦しみ、挫折しがちな「専門用語の理解」を分かりやすい言葉で解説することにより、無理なく中医学特有の分析方法を理解できるようになっています。

5000問以上の練習問題すべてに詳細な解説を付記
練習問題には、その理解に必要となる詳しい解説がついています。当校のシステムにログインして練習問題を解くと、テキストには書ききれない、より詳細な解説を読むことができます。これほどの詳しい解釈が日本で学習できるのは、他に見られない当校の特徴です。

> 解説の一部を見る
図:高い水準の中医学カリキュラムで効果的な診断ができる

国際中医師試験の受験資格取得

本講座を修了する事で「国際中医師」の受験資格を取得できます

全ての教科を修了し、テストに合格した方に、「中医臨床総合課程修了証書」を授与しています。この修了証は、中医学の知識が一定レベルに達した証明とみなされ、「国際中医師試験」の受験資格になります。

「国際中医師試験」の試験問題は当アカデミーで翻訳しています。当校の練習問題で学習すれば、それがそのまま試験対策に等しいため、高い合格率を実現しています。 さらに、弁証論治(記述問題)への対策には、別途「弁証論治 対策講座」を用意しています。

※「国際中医師試験」は、世界中医薬学会連合会が中医学の学習レベルを一定に保ち、正しい中医学知識を広めるために世界5大陸61の国と地域で開催している中医学の公式試験です。中医学アカデミーは、世界中医薬学会連合会にインターネットによる中医学普及を推進する為のモデル校として日本で初めて指定されました。


> 国際中医師試験内容を見る
図:わかりやすい独自開発テキスト

高い専門性で受講しやすい低価格

高水準のカリキュラムのまま学びやすい料金体系を実現

今まで本格的な中医学教育を受けるには、数年間の時間と数百万円の授業料が必要でした。「中医学アカデミー」では、インターネット学習「e-ラーニングシステム」を導入することによって、高水準のカリキュラムのまま学びやすい料金体系を実現しました。


図:低価格設定

> 料金案内を見る
図:受講しやすい低価格設定

いつでも、どこでも、何度でも

いつでも、何度でも、納得できるまで繰り返し学習できます

毎日を忙しく過ごす方にとって、まとまった時間を作るのは容易ではありません。
「中医学アカデミー」はこうした悩みにオンライン講座の利便性でお応えします。必要になるのはパソコン、スマートフォン、ipadなどのIT機器とインターネットにアクセスできる環境のみ。
いつでもどこでも何度でも
朝の出勤前、お昼休み、仕事帰りにお気に入りのカフェに寄ってなど、勉強したい時間に、都合の良い場所で、お好きな方法で授業を受けることが可能です。海外からでも受講ができます。

オンラインだから何度でも繰り返し学習ができ、復習や試験対策にとても有効です。


> 動作環境を見る
図:自由な学習スタイル

国際中医師の専門スタッフが試験がしっかりサポート

細やかなサポート体制を整えています

対面式授業ではないので、お一人で悩まれないよう、学習者個別にメールや電話での細かなサポート体制を整えております。勉強中、質問したい内容があった場合は、「学習に関する質問」からご相談内容をお送り頂ければ、担当者が丁寧に対応します。

また、よい質問に関しては、他の受講者とも共有できるよう一覧にして表示しています。講座のお申込みから講座修了、国際中医師試験まで、全力でサポートして参りますので、お一人で悩まず、どんな事でもご相談下さい。


入学後のサポート内容を見る
図:専門スタッフがしっかりサポート

中医学(漢方)で重要となる5つの力!

中医学(漢方)で重要となる5つの力!

実用的なカリキュラム
中医理論を深く理解する力
専門用語を正しく理解すること、そして病因病理の分析を正しく行える力などを含みます。 中医治療に第一歩として、中医学の専門用語や概念を正確に理解することが、正しい中医診断に結びつきます。

例えば、

● 悪寒と畏寒の共通点、相違点は説明できますか?
  悪寒と畏寒の共通点や相違点を理解できてこそ、冷え症の治療に繋がります。
● 悪寒は実証か虚証か、裏証か表証なのか判断できますか?
  悪寒の虚実、表裏が理解できてこそ、慢性病の治療に繋がります。
● 不眠の病理反応は、実証か虚証がありますか?
  不眠症の虚実を理解してこそ、不眠症の治療に繋げられます。
自ら問題を解決する力
自ら問題を解決する力
中医診断は正しかったのか、それは選択した薬に表れます。 自分自身が方剤について理解していない、病気の治療方法を理解していない、問診に問題はなかったかなどなど、自ら調べる探究心が大切です。

「○○湯はキレが悪い」などの話を聞く機会がありますが、薬効が得られなかったのは、本当に薬に問題点があるのでしょうか?複雑な病証を通じて、理解できていることは何か、理解できていないことは何か、またどう対応して効果的に治療を行えるかなど、しっかり考えていく必要があります。
気を判断する力
病気を判断する力
時間をかけて問診することに患者さんも医療従事者も満足感を得る場合が見受けられます。 時には重要で有益な時間でもありますが、問題点もあります。 臨床では、まず診断に必要な病状の把握が最も重要となり、病気の性質・部位・程度を正確に判断しなければなりません。その為には時間をかけることではなく、要点を押さえ、問診する内容には目的を持たなければなりません。
「病気を治す」治療力
「病気を治す」治療力
病気の性質・部位・程度を正確に判断して、適切な処方を組み立てる能力です。 病状から病名を診断し弁証論治を行います。治療には十分な理論学習と臨床経験での応用の積み重ねが大切です。時に、十分な効果を得たことに満足してしまう場合がありますが、根本から「同病異治」と「異病同治」を行える能力を培う努力を忘れてはいけません。
中医臨床力を伸ばし続ける力
中医臨床力を伸ばし続ける力
中医学は3千年の歴史があるといわれています。ところが不変なものではなく、発展しつつあります。発展している分野は主に二つあります。一つは中医臨床の研究、もう一つは中西医結合の分野です。中医学の発展の根本は中医学の理論とその分析方法です。 中医学の基本を身につけることは、常に新しい情報を正しく取り入れることが出来るようになり、臨床力の向上となります。
こんな方におすすめです!
「中医学アカデミー」の講座は、中医学の専門的な知識を習得し、「国際中医師」資格を取得しようとする方や、漢方の知識を臨床に生かしたいと考える医師、薬剤師、または他の医療機関に従事している方はもちろん、専門知識を得たいと考える方なら、どなたでも受講ができます。

漢方の専門知識を修得したい方 中医学の知識を習得し、臨床に活かしたいと考える医師、薬剤師
その他、幅広い領域の医療従事者 国際中医師試験を受けたい方 薬局経営の特徴を出したい方 
独立開業の強みにしたい方 家族の健康のために漢方を役立てたい方 など


中医学(漢方)の知識に確かな自信を!漢方の勉強・資格取得を希望されている方に
資料請求卒業生の声景山先生インタビュ申込方

公式facebook公式twitter公式ブログお問合せ