卒業生の声

写真

非常に奥深いものがあって、楽しいなというのが実感です。
実践的であるし、 既に仕事の上でも役立ってるんです。


服部 雄志さん (国際中医師)
薬局経営
昭和48年創業「薬屋ふくべ」




Q1 中医学に興味を持ったきっかけは何ですか?
父の代から薬屋をやっているのですが、西洋医学的なアプローチには限界を感じていて、お店にこられるお客様というのは、ある意味現代医学にさじを投げられた方が多い。 そういった中で、なぜあなたの身体がそうなっているのかと説明ができても、そこからどうしていいのか実質的な方法手段をもっていない、知識として非常に浅いというのがあったので、漢方の勉強がしたかったし、またその世界をみてから患者さんを診たかったというのがあります。

Q2 実際に中医学の勉強を始められてからどれくらい経ちますか?
中医学を本格的に学んだのは、この中医学アカデミーが最初です。
それ以前は、いろいろなセミナーで中医学をやられている先生の講座を聴く程度でした。
薬屋ふくべ 岡山県岡山市南区浜野4-3-5
岡山市にある「薬屋ふくべ」

Q3 中医学アカデミーを受講した感想をお聞かせ下さい。
知り合いの先生に紹介してもらったのですが、非常に奥深いものがあって、楽しいなというのが実感です。

Q4 15ヶ月間勉強を始めて、実際に店頭でこれは役に立ったなと実感された事はありますか?
やはり五行を使って説明するのが非常に生活に即して、お客様にも納得頂けるし役立っています。
“なぜあなたの腎が弱っているのか、あのような物を食べたからです”というような事を、五行の図に沿って説明すると「なるほどな」と。みなさんに「なんでわかるの?」て言われます。 中医学を学ぶと、それが理路整然としていくというのが非常に実践的であるし、既に仕事の上でも役に立ってるんです。

Q5 学習時間はどれくらい確保していますか?
空き時間にやっています。 自営でやっていますので、「この時間」というのが取れないですし、仕事が終わったからといって自由になるわけではないので、お客様が来ない時間であるとか、隙間時間を使って勉強してます。

Q6 国際中医師試験対策講座はいかがでしたか?
テキストで勉強するのは一方通行で、書いてある事を暗記するような作業だと思うのですが、先生の講座を聞いて、薬味を入れる意味とか、これが多くて、除外していいものなのかとか、非常に活きた学問として捉えられる事ができて、とても有意義でした。


中医学(漢方)の知識に確かな自信を!漢方の勉強・資格取得を希望されている方に
資料請求卒業生の声景山先生インタビュ申込方

公式facebook公式twitter公式ブログお問合せ