中医学とは?

中医学とは中国の伝統的な経験医学を体系化した医学です。中医学アカデミーで開講している「中医基礎理論」「中医診断学」「中薬学」「方剤学」「中医内科学」の5教科を履修することで、中医学の基礎から応用までを体系的に学べます。

中医学の元となる二つのロジック

中医学には「弁証」と「論治」という二つの重要なロジックがあります。



弁証とは生理と病理をつなぐロジックです。臨床のための基礎的な知識から成り立っています。緻密な問診、正確な診断、薬剤の知識、適切な方剤、の元となります。

論治とは診断と治療のためのロジックです。弁証によって得られた様々な特徴を元に病気を診断する、臨床のための知識です。

弁証の基礎となるのが「中医基礎理論」「中医診断学」「中薬学」「方剤学」の4教科で、論治の基礎となるのが「中医内科学」です。これら5教科を理解すれば中医学のロジックが得られます。

弁証論治はなぜ重要なのか?

中医学を臨床で活用するには、その知識を体系化しパッケージとして利用できなければなりません。弁証論治は臨床のためにパッケージ化された中医学知識そのものです。



中医学の各教科は、臨床において弁証論治というパッケージの一部として使われます。そのため全教科の習得が中医学の臨床活用に欠かせません。

中医学の全5教科を習得し弁証と論治のロジックを得ることが、中医学の臨床活用のための最短の道なのです。






中医学(漢方)の知識に確かな自信を!漢方の勉強・資格取得を希望されている方に
資料請求卒業生の声景山先生インタビュ申込方

公式facebook公式twitter公式ブログお問合せ
無料体験 講座申込み メニュー