受講者向けウェブ辞典サービス「中医学用語辞典」のサンプルを公開しました。辞典の内容が一部無料でご覧いただけます。
アクセスはこちらから→ 中医学用語辞典ウェブサイト

中医理論学習
アカデミーが目指すもの

中医学アカデミーの学習システムとは?

臨床で中医学を活用するには中医学の知識だけでなく、漢方のロジック(中医学の思考道筋)が必要です。どれだけ知識があってもバラバラの点ではロジックにはなりません。線で結びつくことによって初めてロジックとなるのです。


中医学アカデミーでは、本当に効く・治せる中医学(漢方)を基礎から体系的に学び、現場で使える実践力を身につける事ができるカリキュラムを、日本で初めてEラーニングを使って提供しています。

また、中医学の最高資格である「国際中医師」を育成する講座では、その受験資格も得られ、開講以来高い合格率を維持しています。多くの卒業生が身につけた中医学の知識を用いて医療現場で活躍しています。

中医学アカデミーが選ばれる8つの理由

高い専門性

中医学アカデミーは、世界中医薬学会連合より委託を受け、国際中医師試験の試験問題や、過去問題集である「復習大綱」の日本語翻訳を担当しています。したがって、当アカデミーの講座内で使われるテキストや問題集では、そのまま「国際中医師試験」と同等の用語が使われ、同等の水準を保っています。どこよりも正確で間違いのない中医学を学ぶことができます。

5000問以上の練習問題

中医学アカデミーでは、過去の国際中医師試験問題を含む5000 問以上の練習問題を用意しています。それぞれの問題に詳しい解説が付けられており、問題を解くことで三つのことがわかります。「どの部分がわからないか」「どの部分がよく理解できているか」「臨床で中医学を活用するポイント」本システムによって、自分の欠点と得意な部分を把握しながら効率よく中医学の勉強ができます。

自由なスケジュール

学習のためのまとまった時間を作るのは容易ではありません。すでに医療者として実務に就いているのであればなおさらです。オンライン講座であれば学びたい時に、学びたい場所でいつでも好きなだけ授業を受けられます。必要なのはパソコン、スマートフォン、タブレットなどの機器と、インターネット環境のみ。出勤前、昼休み、通勤途中・海外からでも受講できます。色々な隙間を利用して勉強できることが社会人にとって最適です。

良心的な受講料

今まで本格的な中医学教育を受けるには、数年間の時間と数百万円の学費が必要でした。中医学アカデミーでは、インターネット学習を採用することにより、高水準のカリキュラムを保持したまま、学びやすい料金体系を実現しました。

資格取得

現在、日本で取得できる漢方の資格として「国際中医師」は最高水準のものです。「国際中医師標準試験」に合格すると資格を取得できます。本試験の受験資格は、中医学を正しく理解し普及できる人材を育成する為、厳しく設定されています。当アカデミーの「資格取得講座」と「本科講座」を修了すると自動的に受験資格が得られます。

充実のサポート

1人で悩まないよう、受講者全員にメールや電話での細かなサポート体制を整えています。学習中に疑問が生じたら、いつでも相談メールを送り担当者のサポートを受けられます。また、「本科講座」では受講者からのご質問にお答えするライブ授業も開催します。*ご質問がない場合は開催しません。

進歩が速い

中医学を臨床で活用するには理論の勉強が必要です。理論を深く理解するには専門用語を正しく理解しなければなりません。当アカデミーでは、中医学の専門用語の発音、本来の意味などをテキストで詳しく説明しています。さらに専門用語に関する問題も沢山用意しました。問題のタイプは三つあります。正誤判断問題、選択問題、穴埋め問題です。則ち、三つの角度から知識を正しく深く広く理解することができます。このため理論の理解が早まり、効率よく学習できるのです。

進捗は自分で管理

学習の過程において自分の苦手がどこにあるかを知ることは困難なものです。しかし当アカデミーの学習システムなら悩みは無用です。間違った問題や中々理解できなかった問題はシステムに登録することができます。過去の弱点も定期的にチェックすることで、やがて理解できるようになります。また、アカデミーも各生徒の学習状況を把握し、必要に応じてサポートします。

スマホで学べる中医学

●東京でも大阪でも。スマホで中医学を勉強できます。
●電車の中で、カフェで、スキマ時間もビデオや練習問題で有効活用。
●自宅に帰ったらゆっくり復習。
●もちろんPCにも対応しています!

学習スタイルを詳しく見る

充実した受講者サポート

●レッスン修了時にサポートメールをお送りします。
●間違えた問題は「弱点補強問題集」に登録。弱点の克服を手助けします。
●学習の進捗状況を確認できます。
●質問は随時受け付け! 良い質問は受講者全員でシェアします。

学習サポート体制を詳しく見る

(1)漢方専門性のある薬局或いは診療所を運営したい。

(2)漢方治療のプロセスをきちんとして患者に貢献したい。

(3)漢方の「合方」を理解し、難病の治療に貢献したい。

(4)高レベル的な弁証論治で治療に貢献したい。

(5)中医学の考え方を更に深く理解し、漢方サプリの開発にチャレンジしたい。

(6)漢方の力で集客力を高め繁栄したい。

(7)漢方で競合他店やクリニックとの差別化を図りたい。

漢方製剤の仕入れ特権により、今や国内の薬局は他店との差別化を図るのが難しくなっています。また、保険調剤で漢方薬を服用できるようになり、どこでも同じ漢方薬を手に入れることができます。
インターネットで漢方薬について調べられるようになり、薬局では相談のみ、購入はネットで、という方もいると聞きます。
残された道は漢方の「臨床力」を高めることです。中医学アカデミーは、短期間であなたの「漢方の臨床力」の向上をお手伝いします。
資料請求は無料です。ぜひ、気軽にご相談ください。

資料請求

講座申込み

お電話でのお問合せ

インタビュー

卒業生の声

新着情報
無料体験 講座申込み メニュー