中医学アカデミーは皆さまのお陰で設立7周年を迎えることができました。つきましては本科講座受講料を値下げいたしました。これによりクレジットカードでのお支払も可能になりました。詳細は講座一覧をご覧ください。

中医学学習の問題点と解決策

**‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥**

<< わかる!一般学習の問題点と解決策 >>


皆さん、こんにちは。
中医学アカデミー長の董 巍(とうぎ)です。(左)
中医学アカデミー事務局長の二階堂です。(右)
本日は中医学における一般学習の問題点と解決策をお話しして
行きたいと思います。
**‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥**


学習の問題点その1学習の問題点その2学習の問題点その3
学習の問題点その4

中医学アカデミーからのメッセージ

中医学の学習問題と解決策 臨床につなげるには

日本では傾向的に学習する機会が極めて少ない現状があります。
そういった中医学を勉強して臨床に応用するためには、どんな学習に気を付けたら
よいのでしょうか?



**‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥**
中国の中医薬大学には、臨床に役立つ医学を学ぶ臨床医学という学部があります。
まずは病気の部位、病気の性質、病気の程度をきちんと短い時間で問診、切診、望診、など
四診を通して判断して体の病気の状態に応じて適切な薬を出すという作業をきちんと学ばな
ければなりません。

病気を診断する、病状を判断する、その上で診断方法を定めて治療方剤を決めていく、この
一連の流れを系統的に学ぶ事で理解できるようになります。
**‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥**



中医学の学習問題と解決策 臨床につなげるには

専門用語はどこまで理解しておけば良いのでしょうか?



**‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥**
専門用語には類似した表現があります。
例えば、肝臓の機能の一つ疎泄の機能とは何か、どういう働きなのか、肝臓の蔵血の関係は何か、
(脾)とのお互いの関係とは何か、肝機疎泄機能が故障する場合、どういった症状があるのか、
あるべきでは無いか、どの様に理解し分析するのか、きちんと勉強しなければいろいろ複雑な
症状に対して対応できません。
基礎的な問題をしっかり理解する事で中医学の基礎の土台を作っていく、一段ずつ上がっていく
という事が一番大切です。

勉強会や講座などで、漢方薬の方剤の使い方だけを勉強した場合はどうしても、そういった傾向に
なりがちで、相談を受けた時に薬が頭の中で計れなくなり、どうやって薬を出していこうか、
その理由づけに一生懸命になって、本来その方の症状に対してその薬が必要かどうかという判断する
力が無くなってしまいます。
**‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥**



中医学の学習問題と解決策 臨床につなげるには

対面教育の場合、講義を聞いて理解しても、自分の臨床の時にその知識がなかなか
思い出せない、あるいは活かす事ができないといった声が多くあります。



**‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥**
皆さんが一生懸命、勉強して読んでもなかなか理解できない部分は何なのか。
それは、中国では20年、30年前に作ったテキストだからです。
翻訳される場合は、中医学を深く理解できない部分があり、自分なりの解釈で歪曲的な解釈に
なってしまう事があります。

中医学アカデミーでは、しっかり理解できるよう、まず土台の基本、標準の部分をきちんと
日本語にして、YESはYES、NOはNOと一目で生徒さんがはっきり分かるようなテキストを作ろうと
心掛けてきました。
また、テキストには必ず、専門用語にきちんと日本語の読み方、意味を付け加えて、今まで内容が
統一されていないという現状があったので、内容を統一しました。
**‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥**



中医学の学習問題と解決策 臨床につなげるには

臨床に役立てるには、インプットとアウトプットが重要です。



**‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥**
先程の経験の中では、一生懸命勉強し(インプット)という勉強で、知識を一生懸命頭に入れよう
という事が一つです。ところが、知識は入れるものだけではありません。自分が上手く使えなくて
はいけません。中医学を勉強する方々の中では専門用語が分かっていても、自分ではなかなか言え
ない人もいます。
中医学アカデミーのプログラムでは、蓄えた知識を引き出す、アウトプットの訓練ができる
工夫をしました。
インプットとアウトプットを行う事で、深く理解する事に繋がるのです。
**‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥**



中医学(漢方)の知識に確かな自信を!漢方の勉強・資格取得を希望されている方に
資料請求卒業生の声景山先生インタビュ申込方

公式facebook公式twitter公式ブログお問合せ