国際中医師試験

中医学アカデミーとは


国際中医師試験 概要


国際中医師試験は、中国政府の外郭団体「世界中医薬学会連合会」が、世界61の国と地域で開催している国際認定試験です。

国際中医師試験

中医学(漢方)は中国で発展した伝統医学です。多くの国でその効果が認められ、欧米でもTraditional Chinese medicine (TCM、伝統中国医学)と呼ばれ、補完・代替医療として広く使われています。しかしながら、以前は中医学に従事する人々の能力や技術に差があり、不十分な知識によるトラブルも起こりました。そのため、1991年に中国政府が世界保健機構(WHO)の援助を受けて試験センターを設立し、中医学のレベルの統一を図るための標準化試験をスタートしました。

現在は、中国政府の外郭団体「世界中医薬学会連合会(正式名:世界中医薬学会聨合会)が、世界の漢方・中医学従事者を対象に、正しい中医学知識を有する人材であることを証明するための試験として実施しています。

国際中医師試験は、中国国内を除き世界各国で開催される中医学の履修レベルを証明する唯一の試験であり、中医学の理論を習得し、その理論を臨床に活かし、病気の部位、性質、及び病気の軽重を判断して適切な治療を施す能力(弁証論治)を有することが証明されます。

国際中医師試験を受けるには、中医師(中国医師法に基づき、臨床において診断から治療までを行うにあたり必要となる最初の資格)の履修基準に最も近い以下の基準が必要となります。

臨床実習一年間以上  ※中国以外の国は別途基準を設ける
学習

中医学の専門知識、臨床技能、140種類の中薬の効能、配合、及び特殊な使用方法などを習得している

方剤知識80の方剤の組成、主治、応用、配合の意味などを習得している
臨床常見病において150以上の証候に対する弁証論治を習得している


国際中医師試験




国際中医師試験における中医学アカデミーの役割


当校は国際中医師試験を主催する世界中医薬学会連合会との戦略的パートナーシップに基づき、試験問題の日本語訳を担当しています。当校で実施される試験に限らず、日本国内で実施される国際中医師試験では当校で翻訳された問題が使われます。



またこのパートナーシップにより、当校は参考書である「復習大綱」の日本語訳も行っています。中医学に関して中国本土と日本との窓口的な役割を担う当校だからこそ、正統な中医学の習得をサポートできます。




国際中医師試験 実施の詳細


※2019年の試験は終了しました。次回は2020年4月に実施します。

試験日 2020年4月11日(土)、12日(日) (2日間)
開催地AP品川アネックス
〒108‐0074
東京都港区高輪3‐23‐17
品川センタービルディング1F 「D」
JR品川駅高輪口、京急品川駅から徒歩3分
※ 試験会場での飲食は不可
主催機関

(主催)世界中薬学会聯合会 (世界中医薬学会連合会)
(World Federation of Chinese Medicine Societies)
(共催)中医学アカデミー
(International Academy of Traditional Chinese Medicine)

受験資格

中医学アカデミーにおいて、以下のいずれかを修了した者(募集期間内に修了見込みのある者も含む)
国際中医師 受験資格取得講座
本科講座 ビデオ付
中医臨床 単科講座」の全ての講座(5教科)

試験科目

【4月11日】
09:15~:試験説明
09:30~11:00:中医基礎理論
11:10~12:40:中医诊断学
13:50~15:20:中薬学

【4月12日】
09:30~11:00:方剤学
11:10~12:40:中医臨床学科
13:50~15:20:臨床病例弁証論治

合格基準各教科、60点以上で合計360点以上を合格とする
受験料182,000円(税込)
お申込み方法中医学アカデミーよりご案内送付
合格発表

試験日から約1ヶ月後に世界中医薬学会連合会から当校へ結果内容が届き、当校より各受験者へ文書にて合否をお知らせします。

過去の開催

■2019年3月2日(土)、3日(日)
   日本・東京で開催
■2018年6月16日(土)、17日(日)
   日本・東京で開催
■2017年6月24日(土)、25日(日)
   日本・東京で開催
■2016年7月2日(土)、3日(日)
   日本・東京で開催 ※合格率85%
■2015年5月30日(土)、31日(日)
   日本・東京で開催 ※合格率87%
■2014年6月7日、8日
   日本・東京品川で開催 ※合格率98%
■2013年11月2日、3日
   中国・北京 世界中医薬学会聨合会で開催 ※全員合格
■2013年5月25日、26日
   日本・東京で開催 ※全員合格
■2006年8月 ~ 2010年11月
   国際中医師試験合格者:146名 合格率99%




国際中医師試験模擬試験

開催日

2019年11月30日(土)

開催時間

Web上で午前0時~23時50分まで開催します。試験時間はおよそ100分です。

試験内容 【試験科目】
a)選択問題
 ①中医基礎理論
 ②中医診断学
 ③中薬学
 ④方剤学
 ⑤中医内科学

b)記述問題
 ⑥弁証論治(中医カルテ作成)

【出題数と合格点】
 ・上記①~⑤まで 選択問題 出題数50問 制限時間50分
 ・⑥は2症例出題 (解答を入力)制限時間50分
 ・合格点:各科目70点以上
参加費用

無料

参加資格

中医学アカデミーの受講生か卒業生であること。

申込方法

2019年11月20日(水)~11月28日(木)に、電子メールにてotoiawase02@iatcm.comまで「模擬試験申し込み」という件名にてご連絡ください。




弁証論治試験重点問題対策講座(動画配信)

過去に出題された病証の中から出題傾向の高い病証についての講義を配信します。試験に出やすい病証や病名を診断する上で重要となる症状についての説明や方剤の覚え方などについて講義しています。

対象者国際中医師試験の受験申込と試験費用のお支払いを終えた方。
視聴方法ログインの上、講座一覧から視聴してください。
教材弁証論治練習問題解説書
受講費用無料


国際中医師認定書取得までの流れ

講座申込み 国際中医師試験 弁証論治対策講座 合格

<国際中医師試験に合格した際に交付される証書>

国際中医師試験 合格

受験日から、1か月程度で合否のお知らせ(郵送)をご案内します。
合格者には合格証書が付与されますが、合否のご案内から更に1月程度のお時間を有します。
不合格者には、再試験などのご案内を差し上げます。


世界中医薬学会連合会 (世界中医薬学会聨合会)

際中医師試験

国際中医師試験の運営を行っている世界中医薬学会連合会(世界中医薬学会聨合会)は、世界61の国と地域で228の団体が加盟し海外会員は30万人を超える中医薬団体の最大母体です。国際交流を中心に世界各国で中医学の知識と技術を学ぶ方々のために、そのレベル認定や人材育成、技術指導などを総合的に展開しています。

2011年9月にはWHOに加盟し、2012年6月 国連教育科学文化機関(ユネスコ)において、無形文化遺産を保護する顧問機関となりました。

中医学アカデミーは、世界中医薬学会連合会がインターネットによる中医学普及を推進する目的でモデル校に指定した、最初の教育機関です。

講座申込み



世界中医薬学会聯合会 李局長との交流

中医学アカデミーとは中医学アカデミーとは

発展网 絡教育, 提高中医水平。
日本中医学アカデミーの成立に祝辞を送らせていただきます。 インターネットによる中医学教育を発展し、中医学の水準を高めましょう。

世界中医薬学会聯合会
副主席兼秘書長
元国家中医薬管理局 副局長
李 振吉





世界中医薬学会聯合から中医学アカデミー受講者への
応援メッセージ

アカデミーへのメッセージ

世界中医薬学会聯合会
副事務局長
陳(ちん)氏



中医学アカデミーとは


この記事の執筆・監修

中医学アカデミー代表・世界中医薬連合会常任理事・中医師
董巍

董巍からのご挨拶とメッセージはこちら→「中医学アカデミーが目指すもの

中医学(漢方)の知識に確かな自信を!漢方の勉強・資格取得を希望されている方に
資料請求卒業生の声景山先生インタビュ申込方

公式facebook公式twitter公式ブログお問合せ
無料体験 講座申込み メニュー