【年末年始の受講お申込みにつきまして】12月27日までにお申込み完了された場合は、年内にテキストの出荷とIDの発行をいたします。28日以降のお申込みは1月6日から順次ご対応いたします。

国際中医師の就職と開業


国際中医師は漢方相談の事業展開に必須の資格です。国際中医師資格によって顧客からの信頼と漢方製剤への理解が得られます。

漢方相談を中心に事業展開をされているクリニック、薬局薬店などの場合は、国際中医師の取得は必須です。漢方相談の看板を掲げても、その根拠になるものが示せなければ顧客との信頼につながりません。
国際中医師は、中医学を系統的に学習した証明になるものです。

日本では、漢方製剤は大別すると処方箋とOTCの漢方薬があります。
処方箋の漢方は主に傷寒論、金匱要略、日本の古来漢方などが含まれ、OTCの漢方は中国の明の時代から作られた有名な処方が多く含まれています。

処方箋の漢方薬は投与の症状群が重要視されて、一見すると弁証論治にあまり関係のないように思いますが、弁証論治の立場で処方箋の漢方薬を理解する力があると多方面に応用ができるようになります。

OTC漢方は、中医テキストに詳しく紹介されるものもあり、処方に含まれる生薬の数も多いのが特徴です。病因病理とポイント症状、配合の特徴などを整理整頓していくと力がつきます。

国際中医師の働く薬局

漢方薬への注目が高まるなか、適切な処方を行うことのできる国際中医師への需要も高まりつつあります。国際中医師の働く薬局をご紹介します。

株式会社 誠心堂薬局

この記事の執筆・監修

中医学アカデミー代表・世界中医薬連合会常任理事・中医師
董巍

董巍からのご挨拶とメッセージはこちら→「中医学アカデミーが目指すもの

中医学(漢方)の知識に確かな自信を!漢方の勉強・資格取得を希望されている方に
資料請求卒業生の声景山先生インタビュ申込方

公式facebook公式twitter公式ブログお問合せ
無料体験 講座申込み メニュー