国際中医師にできること


国際中医師は医師資格ではなく、医療行為は行えません。ですが漢方を活用したい医療人や一般の方にとって非常に有用な資格です。日本には漢方の国家資格が存在しないため、国際中医師資格は漢方・中医の知識レベルを証明する重要な手段となるからです。

医療人の方

●国際中医師は、中医師に相当する中医知識を有することを認定する資格です。漢方処方など中医学の知識を求められる様々な場面で、専門家として複雑な臨床症状に対応できるようになります。

●患者に説明する際には、その背景となる知識を証明できなければ信頼を得られません。国際中医師資格は中医知識の証であり、患者の安心・信頼の根拠となります。

●中医学の考え方のひとつである未病先防(みびょうせんぼう)によって病気を予防し、また病気の予後をよくするための養生を伝えることができます

一般の方

●医療人の方同様、専門的知識に基づいてご自身やご家族の健康を増進することができます

●漢方薬局での相談などで、言われるままに処方されるのではなく、正しい処方なのか判断することができます

●漢方薬や漢方サプリなど、ご自身で最適なものを正しく選ぶことができます

中医学(漢方)の知識に確かな自信を!漢方の勉強・資格取得を希望されている方に
資料請求卒業生の声景山先生インタビュ申込方

公式facebook公式twitter公式ブログお問合せ
無料体験 講座申込み メニュー