プーアル茶が長寿の秘訣!プーアル茶には、生と熟があります。

2019-05-20

プーアル茶のお値段は高額で、購入するか否か迷うことありませんか。
先日、香港のお茶屋さんでプーアル茶についていろいろ教えて頂きましたのでご紹介します。





こちらのお店で販売されているプーアル茶は、
雲南省に茶葉の生育を委託し香港で自然に発酵させます。
発酵は30年以上とのこと。

長期間、自然発酵させることで体に良い効果が得られるようになり、
これを「生プーアル茶」と呼ぶのだそうです。

優れた発酵食品の一つのため、
香港では健康維持のためにプーアル茶が愛飲されているそうです。

香港は平均寿命が高く、しかもお元気に活動されている方が多いとか。
先日伺ったお茶屋さんの店主のお父様は、
96才まで元気に過ごされたと伺いました。
写真を拝見しましたが背筋がピンとのびていて
とても96歳には見えませんでした。
お茶屋さん曰く、プーアル茶が健康で長寿に一役買っているのは間違いなのだそう。

プーアル茶は、温性でカフェインが含まれておらず
飲食物の消化を助けるため、香港の食生活には必要不可欠な組み合わせです。

とはいえ、日本の食生活で飲む機会がない方も多く、
飲みなれないと独特の香りが苦手と感じる方も少なくないと思います。

香りが苦手な方は、陳皮を加えて一緒に飲むと
プーアル茶特有の香が和らぎ飲みやすくなります。
また菊花と一緒に飲んでも美味しくいただけます。
陳皮も菊花も、日本でも購入できますので是非お試し下さい。





自然発酵のプーアル茶は高額なため、
人工的に発酵を促したプーアル茶が市場に多く出回るようになりました。
人工的に発酵させたものを「熟プーアル茶」と呼びますが、
残念なことに素人には見分けがつきません。

お茶の世界もなかなか奥が深いようです。


この記事の執筆・監修

中医学アカデミー代表・世界中医薬連合会常任理事・中医師
董巍

董巍からのご挨拶とメッセージはこちら→「中医学アカデミーが目指すもの

講座の受講はこちら
講座一覧

無料体験 講座申込み メニュー