国際中医師試験開催日の延期に関するご案内(2021/5/7)

中医学の勉強 虚喘

2021-05-19 11:00


喘証は、呼吸困難を伴う病証で急性や慢性の疾患に付随して
発症し、病因は複雑で病位は主に肺腎にあります。

喘証は国際中医師の弁証論治試験にも度々出題されますので
今回は比較的出題傾向の多い「虚喘」について紹介します。

喘証は実喘と虚喘の区別があり、虚喘は邪気がなく元気不足による喘促で
虚喘は肺虚と腎虚に分けられています。

肺虚は肺の主気作用という働きが弱く、呼吸を司ることが
できないことによって生じる喘促です。

肺虚は更に肺気虚と肺気陰虚があります。
肺気虚は喘促と共に短気もあり、声が低く力がない、自汗
疲れやすい、カゼを引きやすいなどの症状がみられ
治療方剤は補肺湯などです。

肺気陰虚は肺気虚の上に、喉が乾く、午後に熱っぽく
感じるなどの症状が見られ、治療方剤は生脈散などが使われます。

一方、腎虚は腎の納気作用という働きが弱く、吸い込む力が
弱いことにより生じる喘促です。

そして、腎虚は腎陽虚と腎陰虚の区別があります。
腎虚による呼吸困難の特徴は呼多吸少(呼気が多くて吸気が少なく、呼吸が続かず)で
腰と足が特に重怠く疲れやすい、動くと激しい喘等をひき起こす
夜間排尿或いは排尿不利などの症状が見られます。

腎陰虚は腎虚の症状の上に、寝汗、喉の乾き、火照りなどが見られ
治療方剤は麦味地黄丸などです。
腎陽虚は腎虚の症状の上に、体が冷たく、
冷え性などが見られ、治療方剤は牛車腎気丸などです。

国際中医師は、虚喘の病理、短気の意味、呼多吸少の意味、
排尿不利の意味などが当然分かっているはずです。

更に、肺腎の相生関係、肺の粛降と腎の納気との
関係を深く理解することも重要です。
虚喘に麻杏甘石湯、五虎湯、半夏厚朴湯などを投与したら、
更に喘促を酷くさせることになるので、相談時に特に注意してほしいです。

国際中医師とは



この記事の執筆・監修

董巍写真

中医学アカデミー代表・世界中医薬連合会常任理事・中医師
董巍

董巍からのご挨拶とメッセージはこちら→「中医学アカデミーが目指すもの