国際中医師試験開催日の延期に関するご案内(2021/5/7)

中医学の勉強 ドライアイと視力低下の漢方薬治療

2021-04-08 11:00


ドライアイや視力低下の治療では、肝を中心に考える根拠に
肝は「開竅於目」及び「肝気通於目」があげられます。
これには、肝は目に開竅し、肝気は目に通じるという意味があり
目の潤いと視力の強弱は、肝と直接関係していることを説明していると理解できます。

従って、杞菊地黄丸、七物降下湯などがよく使用されています。
中医学では、肝は臓と臓の関係として、脾、肺、腎と密接な関係があり
肝の病気の原因は脾、肺、腎と関与する可能性があると考えられます。

一方、ドライアイと視力低下は肝の病気ととらえますが
病気の性質から見ると、実証と虚証の違いがあります。

ドライアイ及び視力低下への弁証論治を行うためには
肝脾、肝腎、肝肺の関係をよく理解すると共に、肝の実証と虚証の
鑑別などを行わなければならないと思います。

中医学とは



この記事の執筆・監修

董巍写真

中医学アカデミー代表・世界中医薬連合会常任理事・中医師
董巍

董巍からのご挨拶とメッセージはこちら→「中医学アカデミーが目指すもの

無料体験 講座申込み メニュー
メニューを閉じる