国際中医師試験開催日の延期に関するご案内(2021/5/7)

中医学の勉強 悪風と肝悪風

2021-04-14 11:05


漢方の勉強では専門用語が多く、同じ漢字でも意味が異なる場合があります。
今回は悪風について説明します。

悪風とは、風が当ると寒気がする現象を指します。
悪風は表証の症状で、太陽中風の場合は発熱悪風、自汗、脈浮緩などを呈します。

ところが、肝悪風の場合は悪風とは異なり
肝が風を悪むという意味になります。

肝は「風木之臓」でいくつかの病証、たとえば老人の中風
小児の驚風、リウマチ、しびれ、掻痒、痙攣、癲癇などの病因病理は
常に、風邪および五臓の肝と密接に関連しています。

また、肝は筋の活動を主るため風が勝と筋が痙攣を起こすので
「肝悪風」の説があるといわれます。

したがって、中医学の専門用語をきちんと身に着けることが
不可欠で重要だと考えています。

講座一覧



この記事の執筆・監修

董巍写真

中医学アカデミー代表・世界中医薬連合会常任理事・中医師
董巍

董巍からのご挨拶とメッセージはこちら→「中医学アカデミーが目指すもの

無料体験 講座申込み メニュー
メニューを閉じる