【重要】国際中医師試験開催日の延期に関するご案内
【重要】緊急事態宣言が発令された際の運営についてのご案内

陰陽の関係と免疫バランスの構築

2020-04-23 11:00


中医学では、陰と陽が平衡を保つことが健康の第一条件になり
陰と陽は常にこの二つがセットであり、陰だけ或いは陽だけでは存在しません。

何等かの原因で陰が傷つけば陽も影響を受け、
反対に陽が傷つけが陰に影響が及ぶなど相互に影響しあう関係にあります。

新型コロナウイルス感染症が蔓延するにつれ、「免疫力を向上させる」という
キーワードの検索率が増しているそうです。

一般的な認識ですと免疫力は人体が病気に抵抗し、病気の混乱を回避する力であると
理解されていると思います。

免疫系には、体液性免疫と細胞性免疫が含まれ、この2つの部分は
互いに協力したり、互いに抑えあうことで、
強力な免疫システムを構築ができるようになります。
免疫システムを強めることは、陰陽平衡が保たれることで実現されます。

例えば花粉症は、強すぎる体液性免疫と弱い細胞性免疫の状況があることによって
引き起こされる病気ですので、一概に「免疫力を向上させる」だけでは説明しにくくなります。

したがって、免疫力を向上させるよりも、免疫システムのバランスを
とるという表現がより相応しいと思います。

免疫の両者の関係は、陰陽のバランスが失われることで病気が発生すると考える
伝統的な中医学における陰と陽の関係に似ています。

漢方薬はこの両者のバランスを取ることで、健全な免疫システムを構築できると考えられます。

中医学とは



この記事の執筆・監修

中医学アカデミー代表・世界中医薬連合会常任理事・中医師
董巍

董巍からのご挨拶とメッセージはこちら→「中医学アカデミーが目指すもの

講座の受講はこちら
講座一覧

無料体験 講座申込み メニュー