国際中医師試験開催日の延期に関するご案内(2021/5/7)

漢方の勉強 心陽旺盛

2020-11-26 11:00


「心陽旺盛」。
文字から読むとなんだか元気のような感じを受けます。
中医学では、このように漢字の印象に頼って理解が疎かに
なってしまう場合があり、これはとても危険なことです。

心陽旺盛は、心火ともいい
心の陽気が偏盛した病理状態をいいます。

心の陽気偏盛を引き起こす原因の相違から、実火と虚火に
分けられますが、相互に転化する場合もあります。

実火が生じる原因は邪熱の侵入、痰火の内鬱、
五志化火(情志の損傷により火と化す)などで
虚火は心陰不足、心血不足などが原因になり生じます。

「虚火」と「実火」は、心の生理機能である「血脈を主る」と
「神志を主る」に対しての影響が相似しています。

心陽旺盛の場合、心神の撹乱、心火上炎、心火下移などの病理状態を引き起こし
心神の撹乱は心煩、動悸、不眠、狂などの症状を引き起こします。

心火上炎は口内炎など、また心火下移は排尿痛などの症状が現れます。

アカデミーの特徴



この記事の執筆・監修

董巍写真

中医学アカデミー代表・世界中医薬連合会常任理事・中医師
董巍

董巍からのご挨拶とメッセージはこちら→「中医学アカデミーが目指すもの

無料体験 講座申込み メニュー
メニューを閉じる