【年末年始の受講お申込みにつきまして】12月27日までにお申込み完了された場合は、年内にテキストの出荷とIDの発行をいたします。28日以降のお申込みは1月6日から順次ご対応いたします。

肺気不降 症状と治療方剤のヒント

2019-11-15


肺の粛降作用が故障した場合を「肺気不降」といいます。
肺気が下へ降りることができないと以下のような症状が現れます。

1)咳や呼吸困難
清気が吸い込めないと咳、呼吸困難、呼吸が浅くて早くなります。
また、気が下降できず肺に留まるため胸悶と胸痛などの症状がみられます。
肺気を溜めすぎると、肺気は本来とは異なり上昇することになり、激しく咳込みます。

2)便秘
肺は大腸と表裏の関係にあり、肺の働きが不調になると
大腸が影響を受けやすくなります。
例えば、肺気不降になると津液は大腸に送られず、便秘や腹脹が生じます。

3)痰を吐き出す
肺気不降では、老廃物の処理が不調になり、肺に溜まった痰を吐き出します。

肺気不降の原因は主に肺気不足、肺陰不足、痰湿壅肺、肺熱など多くの原因があります。
肺気不足の場合は参苓白朮散を
肺陰不足の場合は養陰清肺湯
痰湿壅肺の場合は二陳湯
肺熱の場合は五虎湯などで治療します。

講座一覧


この記事の執筆・監修

中医学アカデミー代表・世界中医薬連合会常任理事・中医師
董巍

董巍からのご挨拶とメッセージはこちら→「中医学アカデミーが目指すもの

講座の受講はこちら
講座一覧

無料体験 講座申込み メニュー