葛根湯は効く?効かない?

2019-05-07




「カゼに葛根湯」、耳にしたことが多いと思います。
シロップや錠剤などで製造されているので購入しやすい漢方薬のひとつです。

葛根湯をカゼに用いる場合は、風寒感冒の治療に効果が期待できます。
風寒感冒は、風と寒の邪気が体内に侵入することで発病するカゼを指します。
風邪(ふうじゃ)の特徴は症状の変化が極めて速く、葛根湯が適する服用のタイミングを逃せば
ほとんど効果が得られません。

葛根湯を服用するタイミングの他に、基本的なカゼのタイプが間違っていれば
やはり効果が得られません。

例えば、気虚によるカゼ、風熱によるカゼ、暑湿によるカゼがあります。
気虚のカゼには参蘇飲で、風熱には銀翹散、暑湿のカゼには藿香正気散が用いられ、
これらのタイプを見極めるために弁証を行います。
この弁証の作業に誤りがあれば、当然適切漢方薬が選べず
効果がない、または悪化させる結果に繋がります。

講座の受講はこちら
講座一覧

無料体験 講座申込み メニュー