【重要】緊急事態宣言が発令された際の運営についてのご案内

血虚血瘀証

2020-02-10


<弁証の根拠>
1.眩暈、心悸、失眠
2.体の何処かに刺痛があり、痛む箇所が動かない、或いは血瘀による塊がある。
3.顔色は萎黄を呈し、舌質は淡白、舌に瘀点或いは瘀斑が見られ、脈細渋。
1症状群+3症状群か、2症状群+3症状群で血虚血瘀証と判断することができる。

<治療方法>
養血活血で治療する。

<治療方剤>
1.聖愈湯
2.桃紅四物湯

<臨床応用>
この証候の原因は、出血によって血虚が発生し瘀血を生む。
血虚による血瘀の治療には、養血活血で治療すべきである。
血虚がより重いものには聖愈湯で、瘀血がより重いものには桃仁四物湯で治療する。
両方剤とも四物湯の加減で作られる方剤である。

中医学の学習科目


この記事の執筆・監修

中医学アカデミー代表・世界中医薬連合会常任理事・中医師
董巍

董巍からのご挨拶とメッセージはこちら→「中医学アカデミーが目指すもの

講座の受講はこちら
講座一覧

無料体験 講座申込み メニュー