陰陽のバランスを保つ

2019-09-20


中医学で考える「健康」は、陰と陽が平衡であることと考えています。

陰と陽は常に量的に変化があり、季節や一日の時間の流れの中で
陰が多い場合と陽が多い場合があり
それぞれ、多くなったり少なくなったりしながらも平衡の状態が維持されています。

では、体はどうでしょうか。
各臓腑が健康でその働きを十分に発揮するには陰陽の平衡が
必要になりますが、平衡を邪魔する原因が多々あります。

例えば、生活習慣の乱れ、病邪の侵入、精神的なストレス、
臓腑の虚弱などによって臓腑間の平衡が維持できなくなります。

陰陽のバランスが崩れた場合、中医学のプロは陰陽平衡が乱れた状態を治すため
なぜ陰陽のバランスが崩れたか(原因)、平衡がどの程度乱れているか(病理状態)、
どの部位に問題があったか(病気の部位)などを掴み分析します。

いわゆる「漢方薬に詳しい人」で満足するのではなく
中医学のロジックをみにつけ、皆様の健康増進のために活躍してください。

講座一覧


講座の受講はこちら
講座一覧

無料体験 講座申込み メニュー