【重要】国際中医師試験開催日に関するご案内(2020/8/19)

漢方SP講座 心腎不交と気虚血瘀

2020-03-20 11:00


本日、漢方SP講座の心腎不交と気虚血瘀についての動画を更新しました。


● 心腎不交

火は心に、水は腎に属し健康であれば心腎は互いに交流し合う関係にあり
燃える火が過ぎないように水が火を冷まし
水が冷えすぎないように火が温めます。
これを心腎相交といいます。

このような交流が何等かの原因で交流できなくなることで
心腎不交という病理状態が生まれ、特徴のある症状が現れます。


● 気虚血瘀

気虚血瘀を理解するには、気の働きを理解する必要がありますが
気の働きの一つに「推動力」があります。

血は気の推動力によって体の末端へ送られますが
気が不足した状態では、血流が緩慢になり、また停滞が生じます。
気虚による血瘀の治療要点、なぜ黄耆、紅花、桃仁などを 使用するかなどを説明しています。


これらの専門用語を理解することで
症状をひきおこす原因と現れる症状が理解できるようになります。

漢方SP講座はこちら


漢方SP講座の内容は毎月第1、第3週の金曜日に更新!

この記事の執筆・監修

中医学アカデミー代表・世界中医薬連合会常任理事・中医師
董巍

董巍からのご挨拶とメッセージはこちら→「中医学アカデミーが目指すもの

無料体験 講座申込み メニュー