【重要】国際中医師試験開催日の延期に関するご案内
【重要】緊急事態宣言が発令された際の運営についてのご案内

漢方SP講座 腎の陰陽両虚と腎は二陰を主る

2020-05-15 11:00


漢方SP講座は毎月第1、第3金曜日に更新しています。
5月15日の新着内容をご案内致します。


1.腎の陰陽両虚
腎の陰陽両虚とは、陰陽が共に虚となり、陰虚と陽虚の症状が同時にみられる病理現象です。
もともと、陰虚があり日時の経過などによって陽も虚となり陰陽両虚になり
これを陰損及陽といいます。

反対に陽虚があり、日時の経過などによって陰も虚となって陰陽両虚になり
これを陽損及陰といいます。
また、陰と陽を補う方剤についても紹介しています。

2.腎は二陰を主る
二陰は前陰と後陰を指し、外生殖器、尿道外口、肛門などが含まれます。
腎の働きのひとつに二陰の管理があり、腎の病証では排尿不利や
頻尿だけでなく泄瀉や便秘などの症状が生じる場合もあります。

専門用語を正しく理解し、それに伴って現れる症状や方剤の使い方を覚えましょう。

漢方SP講座はこちら


この記事の執筆・監修

中医学アカデミー代表・世界中医薬連合会常任理事・中医師
董巍

董巍からのご挨拶とメッセージはこちら→「中医学アカデミーが目指すもの

講座の受講はこちら
講座一覧

無料体験 講座申込み メニュー